小顔になりたいなら必見!効果の高い方法をいくつも紹介中

注射だけで小顔に変身

顔を触る人

人気の小顔効果がある美容施術

女性の多くは、自分の体にコンプレックスを抱いています。コンプレックスの内容は人によっても様々ではありますが、中でも太った体や大きな顔を気にする人も沢山いるのです。そのため、人によっては、ダイエットを始めたり、整体院へ通ってマッサージを受けたりと様々なことを行なっています。しかし、せっかくリンパマッサージやダイエットを行って体がスリムになっても、顔のサイズが変わらずバランスが悪くなってしまったと悩んでいる方も多く、自分自身で対処できない小顔矯正は美容整形外科や美容皮膚科などの医療機関で医師に相談してみることで解決することが可能です。まず自分の顔が大きい理由として挙げられる原因が、骨格と筋肉の張りの二種類です。スクエア型で顔が顔のサイズが大きく見えやすい場合は、ヘアスタイルやメイク方法を考えてみることで改善することが十分に可能ですし、最終的には顔の骨格を骨を切除することで改善する手術を受ける方法もあります。ただ大掛かりな手術は経過を考えて休みを用意する必要があり、施術が終わった後も患部の腫れや痛みを抑えるためにも痛み止めなどを飲み続けたり、マスクなどで傷口が目立たなくなるまでカバーするなどきれいな仕上がりになるまで時間がかかる恐れがあり様々なリスクがあります。しかし頬の筋肉が張っている場合は、ボトックス注射を打つことで効果的に筋肉を細くさせることが可能となりますので大掛かりな手術を行う必要は一切なく、痛みも少ないため麻酔を行う事なく治療を完了させることが出来るなど手軽さが受けてプチ整形として人気が高くなっているのです。ボトックス注射とは米食品医薬品局をはじめとした世界中で認可されている製剤を利用しており、顔のシワの軽減やワキガや多汗症などの様々な治療に使用されています。筋肉に注入すると一過性の麻痺を起こすため、発達している筋肉を一時的に動きにくくすることで衰えさせて細くすることが出来る効果があります。筋肉の麻痺というと不安に感じる方も多いですが、ボトックス注射の効果は約3ヶ月から半年とされこの期間をすぎるとだんだんボトックスは体内に吸収されて排出されるので体に残りません。この期間があれば筋肉を落とすことは十分に可能で、効率よく小顔矯正を行うことが可能になることから利用する方が増えてきています。ボトックス注射の効果を持続させたい場合は、定期的に美容整形外科や美容皮膚科などの医療機関に通って、治療を受けることをおすすめします。しかし、ボトックス注射を打つにもある程度の限度があるため、きちんと医師を話し合った上で治療を受けるようにしましょう。

Back to Top